2次元バースト

マンガ、アニメ、ゲーム、シネマなどあらゆる2次元コンテンツを紹介します

【小説】銀河英雄伝説の原作を紹介 Ⅳ 策謀篇 ~ Ⅴ 風雲篇 まで

f:id:mmoomin7807:20190319120505p:plain

みなさん、こんにちは。インベスティです。

 

さて、今回は銀河英雄伝説の原作第4~5巻をご紹介させて頂きます。

過去の記事、物語の時代背景と第1~3巻までの記事はこちらです。

 

それでは恒例ですが、アニメ版『銀河英雄伝説』全話を見放題で楽しめるのは、ドコモが提供する『dビデオ』です。

 

月額が400円(税抜き)、追加料金なしで全話お楽しみ頂けます。

ドコモ回線をお持ちでない方も、メールアドレスだけで登録可能です。

ご興味のある方は、下記のタイトルをクリック。

 

 

原作小説が気になる方は、これから始まる銀河のあらすじをご堪能下さい。

 

銀河英雄伝説Ⅳ 策謀篇

銀河英雄伝説 4 策謀篇 (マッグガーデンノベルズ)

 

雷鳴  皇帝誘拐事件

帝国宰相の座につき、銀河帝国の実権を手に入れたラインハルトの下に、憲兵総監ケスラーから緊急の面会の申し込みがされます。

 

f:id:mmoomin7807:20190129010257p:plain

 

ケスラーほどの男がそれほど急いでいるのか・・・。よろしい、会おう

 

しかし、ケスラーがもたらした情報こそ、やがて全宇宙を巻き込んだ『皇帝亡命事件』のはじまりだったのです。

 

銀河系の中で銀河帝国の傘下にありながら、自由惑星同盟とも交易を行う惑星フェザーンの自治政府は、旧来の帝国と同盟を相争わせ漁夫の利を得る政略を捨て、ラインハルトを持って同盟を討たせ、その背後に蠢動する道を選んだのです。

 

しかし、フェザーンの策謀をラインハルトは一喝します。逆に、その企みを利用し、旧友との約束を果たすべく、全銀河の統一のための征旅を決心するのでした。

 

ひとつの旅立ち

銀河帝国皇帝を巡る策謀の最中、イゼルローンにも1つの波紋が浮かびます。

作戦本部の辞令により、ユリアンはヤンの元を離れることになったのです。

最初は動揺を隠せないユリアンでしたが、ヤンに穏やかに諭され、赴任地フェザーンへと向かう決心をしました。

f:id:mmoomin7807:20190129014306p:plain


神々の黄昏 同盟占領作戦

皇帝の亡命、というか誘拐は、全宇宙へ知らされる事になります。しかし、その事態を待ち構えていたラインハルトによって、同盟への宣戦布告へと利用されます。

 

f:id:mmoomin7807:20190129015757p:plain

 

誤った選択は、正しい懲罰によってのみ、矯正されるべきである

 

こうして、ラインハルトの登場によって変革の時を迎えた帝国は、旧勢力の象徴とも言うべき皇帝の誘拐された、自由惑星同盟への侵攻に向けて動き出すのです。

 

100年の平穏と100年の膠着状態が続いた帝国と同盟、そしてフェザーンの関係は、ラインハルトの登極によって新たな動乱の時を迎えます。

 

ラインハルトが同盟占領に向けて放った必勝の1手は、ぜひみなさんの目でお確かめ下さい。

 

銀河英雄伝説Ⅴ 風雲篇

銀河英雄伝説 5 風雲篇 (マッグガーデンノベルズ)

寒波至る ヤン提督の箱舟隊

ラインハルトの電撃的侵攻により、同盟とフェザーンは混乱に陥ります。

 

イゼルローンも帝国の名将、ロイエンタールらによって攻撃を受けますが、大局を見定めた上で、ヤンはイゼルローンの放棄と艦隊を率いて同盟領の防衛にあたる決断を下すのです。

 

f:id:mmoomin7807:20190129233845p:plain

 

包囲網を形成したロイエンタールは、イゼルローンの接収に力を注ぎ、脱出する艦隊の追撃はしませんでした。

 

こうして、同盟軍唯一にして最強のヤン艦隊は行動の自由を得るのです。

 

ランテマリオの決戦

イゼルローン回廊を包囲させつつ、フェザーン回廊の突破を図ったラインハルトの艦隊を、同盟軍は残存勢力の全てを集めて、迎撃に出ます。

迎え撃つのは、同盟軍の宿将、ビュコック提督です。

両軍は、ランテマリオ星域で激突します。

 

f:id:mmoomin7807:20190129234607p:plain

 

しかし、イゼルローンをやっとの思いで脱出したヤン艦隊は、この戦いに間に合いません。そして同盟軍最後の抵抗も、圧倒的な帝国軍の前に敗北を喫するのです。

バーミリオンの死闘

同盟軍の最後の抵抗を排除し、勇躍宇宙を手に入れるかと思われたラインハルトでしたが、そこに立ちはだかったのは、不敗の魔術師、ヤン・ウェンリーでした。

 

同盟の首都ハイネセンに至るまでの広大な宇宙空間において、なんと一個艦隊でゲリラ戦を仕掛け、帝国軍の補給線を脅かし始めます。

 

『ヤンは自身との決戦を望んでいる』

 

ヤンの思考を看過したラインハルトは、部下を全星域にあえて送り出し、自身を囮としてヤンとの決戦に挑むのです。

 

こうして常勝の獅子と不敗の魔術師が、宇宙の命運をかけて、ついに激突をするのです。

 

はたして勝つのはヤンか。

 

f:id:mmoomin7807:20190129235753p:plain

 

それともラインハルトか。

 

f:id:mmoomin7807:20190130000038p:plain

 

この続きはぜひ、原作小説を手にとってお楽しみ下さい。