2次元バースト

マンガ、アニメ、ゲーム、シネマなどあらゆる2次元コンテンツを紹介します

【ゲーム】はじめての農業 FS19 プレイレポート

f:id:mmoomin7807:20190408225420p:plain

さて、皆さん。本日も農業のお時間です。

 

前回は、最初の機種の選定方法と、作物の収穫までを記事にしました。

 

今回は、収穫した作物の売却方法と、収穫の際に出来た藁の使い道について記事にします。

 

 

収穫した作物をトレーラーに乗せて売却しよう

 

収穫機で刈り取った作物は、まずトレーラーに移し替えます。

 

タンク一杯になった収穫機にトレーラーを横付けし、収穫機のパイプを出すと自動で移し替えを開始します。

 

パイプの先に、きっちりトレーラーを乗り付けないと移し替えは始まらないので、収穫機のパイプは先に出してポジショニングを合わせましょう。

 

また、序盤に安価でカスタマイズが出来るトレーラーを購入すると、多くもない収穫スペースを縦に伸ばして改造します。

 

いざトレーラーに収穫物を移し変えようとすると、収穫機のパイプが引っ掛かってしまうのでお気をつけ下さい。

 

そして、自分の畑にトレーラーで乗り込んでしまうと、収穫前の作物が潰れて、収穫量が減ってしまいます。

 

そんな時にオススメは『ナロータイヤ』です。

 

ただし、トレーラー側がナロータイヤに対応していないと一緒なので、収穫機側を操作した方がはやいかもしれません。

 

ちなみに、収穫機をヘルパーが動かしている場合、ヘルパーを解雇しないと自分で重機を操作する事が出来ません。

 

ヘルパーに能力の差はありませんので、作業後は再雇用して作業を再開しましょう。

 

トレーラーに移し替えたら各施設へ売却

 

トレーラーが満杯になったら、各施設へ納めて売却益を得ましょう。

 

ちなみに穀物類は、マップ内の何カ所かに売却する事が出来ます。

 

そして、売却先によって売却単価は異なります。

 

その時に一番高い所をチェックして運搬します。

 

今回は、偶然最寄りの『大牧場』が高値で引き取ってくれるので、そちらに運搬しました。

 

所定の場所についたら、必ず四隅を黒黄の鍵括弧で示した枠があるはずです。

 

その位置にトレーラーを置くと、納入するためのボタン指示が現れます。

 

f:id:mmoomin7807:20190410224032p:plain



慣れるまでポジション取りが難しいですが、指示が出るまで色々と操作してみましょう。

 

今回は、34,000ドルの売上になりました。

 

f:id:mmoomin7807:20190410223655p:plain



 

収益としてはまずまずですが、今回は既に実っていた物を収穫しただけです。

 

畑に出た藁は干し草置き場へ

 

穀物系を収穫していると、後ろにこんもりした山が出来てくると思います。

 

出来ない方はコンバインをオンにして下さい。

 

これは実った穀物を収穫した後の藁です。

 

これをベールと呼ばれる干し藁を纏めた物に出来ます。

 

ベールを発酵させて家畜の飼料にしたり、ベールを売ってお金に変える事が出来ますが、まだ畜産業は早いですし、ベール作りにも設備投資が必要となります。

 

今回は、藁のみを集めて売ってしまいます。

 

藁を集めるためには、収集機能のついた特殊なトレーラー『ローダーワゴン』が必要になりますのでショップで手配しましょう。

 

f:id:mmoomin7807:20190410224134p:plain

 

現在のトラクターで運用可能な物の中から、一番収拾量の大き物をチョイスします。

 

ショップから手に入れたローダーワゴンを運んだら、所定の操作をして、後は出来た藁の畝に沿ってトラクターを走らせます。

 

ワゴンが一杯になったらマップ下方(畑22の近く)にある、干し草置き場へ。

 

f:id:mmoomin7807:20190410223821p:plain

 

穀物よりも安い価格ですが、一杯あたり2000💲前後の売上になりました。

 

それを4回繰り返したので、麦の売上と合わせて、合計4,5000💲程度になります。

 

単純に売上をだけを考えれば、10回程繰り返せば、隣に広がる畑6(420,000💲)の念願の新しい畑が購入できます。

 

ただし、あくまで売上単位の話ですので、機器のレンタル費用やヘルパーの人件費は別の話になります。

 

それに、まだ紹介していませんが、収穫後の畑を耕し直し、新たな種子を撒いて肥料を散布したら、果たして幾ばくのお金が残るのか。、とやや暗い気持ちになってしまいます。

 

そこで、序盤の資金が安定していない時にオススメの『アルバイト』をご紹介いたします。

 

 

資金稼ぎに最適なアルバイト

 

各種設定などの画面に『契約』という項目があります。

 

これは、他人の所有する畑を持ち主に変わって作業して賃金を貰う、いわゆる『ヘルパー』です。

 

作業は、単純に各施設間を走ってアイテムを届ける物から、収穫、耕運、肥料散布など多岐に渡ります。

 

契約金額に差がありますが、これは単純に作業の量によって決められているようです。

 

小規模な畑でしろかきなどの作業ですと、作業時間は短いですが1000💲前後と安価です。

 

15000〜25000💲前後の高額な依頼ですと、大概は大規模農園の収穫、肥料散布になります。

 

大規模な農園ですと、初期の頃の貧弱な収穫機では収穫に非常に時間がかかる上、同じく収容量の低いトレーラーしか持っていないため、頻繁に目的地との往復を繰り返す必要があります。

 

また、肥料散布も高額依頼な物が多いですが、こちらは散布する肥料がこちら負担のためです。

 

また必要な機具を持っていない場合は、機具を一式レンタル出来ますが、契約完了後にレンタル料をさっぴかれますので、まずは持っている機具で受けられる契約から始めていきましょう。

 

契約してやってはみたものの断念したり、誤って契約してしまっても、契約を破棄すればこちらにペナルティなどはありません。

 

破棄した契約を再度受ける事は出来ませんが、似たような依頼が沢山来ますので、そちらを受けましょう。

 

初期の頃は装備も乏しく農地も狭いですので、丹精込めて栽培したものを収穫をしても、1万ドル程度の収益しか得られません。

 

しかし、アルバイトは依頼次第で数万ドルは収益を得る事が出来ます。

 

序盤の資金稼ぎと、栽培の練習も兼ねてアルバイトを積極的に行いましょう。

 

 

最後に

 

序盤はやる事が沢山あって、慣れるまではたいへんだとおもいますが、収穫した作物が売上に変わる瞬間は、やはり格別なものがあります。

 

さて、栽培から収穫までの一連の流れを行ってきましたが、次はいよいよ本格的なプレイレポート『かそうで農業!!』と題してお届けしていきます。

 

 

 

それでは最後までお読み頂き、誠にありがとうございます。